映画「ヘアスプレー」あらすじ

時代はまだまだ人種差別が当たり前だったアメリカ ボルチモア。
ぽっちゃり体型のトレイシーの楽しみは毎日放送される「コリンズショー」。その中でも特にリンクの大ファン。トレイシーもその番組に出ることを夢に見ていました。
その番組にはもう一つ別の番組があります。それは「ブラックデー」と名付けられた黒人の少年少女の番組です。
毎日、親友のペニーと番組を見ていたトレイシーは新しいメンバー募集を知りま。早速オーディションに。
しかし、彼女のスタイルのことで全く相手にされませんでした。
そんなは場違いなことをしたことを嫌った番組出演者でクラスメイトのアンバーはトレイシーを居残り部屋に行かせます。そこには黒人生徒ばかり。しかし、誰とも仲良くするトレイシーは全く怖気付きません。そこでシーウィードと知り合い仲良くなります。
しかし彼女にもチャンスがやってきます。
彼女の学校にコリンズがやってきてリンクが歌い、学生みんながダンスをしています。
会場は一つ。しかし、真ん中にはロープで仕切られています。それは黒人、白人の仕切りです。シーウィードを見つけたトレイシーは一緒に踊ることに。彼女のダンスを見たコリンズは彼女を自分の番組に出すことを決めます。
最初は番組スタッフは大反対。しかし、トレイシーの人気が出てき、彼女のおかげで番組スポンサーのヘアスプレーがよく売れるようになったとたんスタッフは大喜び。しかし、アンバーの母親だけは不満を持っていました。
やがて、トレイシーは人種差別に疑問を持つようになりシーウィードと共にデモに参加します。しかし、その事でトレイシーは警察に追わらら身に。
そんな中、ヘアスプレーコンテストが行われます。投票は視聴者。優勝を狙うアンバーはトレイシーが不在なのを喜んでいました。
しかし、トレイシーはこっそり潜んでいたのです。もちろん黒人仲間も。
ショーを乗っ取った彼女たち。そして、視聴者は差別ではなく共に仲良くすることを選びます。優勝したのはシーウィードの妹でした。

映画「ヘアスプレー」感想

こんなに人が明るく楽しい映画はなかなかありません。
テーマが人種差別というマイナスのイメージなのですが、そんな事を感じさせません。楽しく歌って踊って自分を表現する。見ていてウキウキしてきます。
ミュージカル仕立てとなっているだけあってどの役者さんも歌もダンスも抜群に上手いです。
それほど有名ではない映画なのですが内容は最高に面白いです。
しかも、ただ歌って踊るだけではなく物語もしっかりしています。差別のない世界。この難しいテーマを分かりやすく、リアルに表しています。その中で苦悩しながらも自分らしくを大切にしていく若者たちにはとても好感を持てます。
この映画は何度も見直していますが、毎回見ると元気をもらえる映画です。
キャストもとても面白ろく、トレイシーの母親がなぜかあのジョントラボルタです。なぜその選択?と、思ってしまうのですがそれがまたすごく似合っていました。なぜか可愛く見えるのがすごく不思議でした。