映画「スマホを落としただけなのに」あらすじ

誠は仕事の移動中にタクシーにスマホを落としてしまいます。
偶然にも誠のスマホを拾った男性が誠の恋人である麻美に電話をかけてきました。
誠は仕事で忙しいため、麻美にスマホの引き取りをお願いします。そして快諾した麻美。約束のカフェに行くのですが相手から連絡が。急用ができたのでスマホはカフェに預けておく。と。カフェの店員からスマホを引き取る麻美を見つめる謎の男性。
それから麻美のプライバシーが徐々にさらされていきます。
実は誠のスマホを拾った人物が麻美に興味を持ったのです。誠のスマホデーターを自分のパソコンにコピーしていたのです。
そこから麻美のプライバシーも手に入れていきます。
身に覚えのない投稿を指摘されたり、自分の写真が拡散されていることを知り麻美は恐ろしくなっていきます。
そして、とうとう麻美はその謎の男性に連れ去られてしまいます。その男の正体は連続殺人犯でした。彼は母親からのネグレクトにあい、母親と同じ黒髪の長い女性に執着していました。
麻美を心配した誠は麻美のスマホの位置情報を手掛かりに探します。
やがて、閉園した遊園地にたどり着きます。麻美を見つけ、逃げようとするのですが犯人に見つかってしまいます。そして、犯人から驚愕の麻美の過去を聞かされます。
犯人は麻美の過去を全て調べ上げていたのです。
それでも麻美の全てを受け入れることを決める誠。
犯人から襲われながらも間一髪で警察がやって来て犯人は逮捕されます。

映画「スマホを落としただけなのに」感想

とても面白ろかったです。
たかがスマホ。と、思っていたら大間違いです。どれだけの情報がスマホに入っているのかがよく分かりました。
そして、これまではパスワードがあれば安心。と思っていたのですが、そのパスワードさえも簡単に知られてしまうという怖さもよく分かりました。
とても便利なスマホ。でも、ひとつ間違えるととんでもない事を引き起こしてしまいます。
これは映画ですが実際にもあり得る恐怖だと思いました。
実際に私もスマホを落としたことがあったのですが当時はさほど怖く思っていなかったのですが今思うとゾッとしました。
この映画は、中高生の子供と一緒に見てもいいと思います。子供は簡単にSNSで自分をさらしています。それが時にはトラブルの元になってしまう。と、いう事を映画を通して教えることが出来るからです。
なかなか親の言葉では聞く耳を持ちませんが映画でなら素直に聞き入れます。
これは、子供にもとてもいい教訓となっています。